コンドームを着用して性病予防

コンドームを着用して性病予防


コンドームを着用して性病予防
デリヘルで遊んで性病に感染しない方法が一つだけあります。
もっとも確実な方法は、まずプレイ中は常にコンドームをつけるということです。ただデリヘルと言いましても、残念ながら違法行為をしているような悪質な業者も存在しています。
法外な料金を請求されたり、女の子が一枚脱ぐ毎にお金がかかるような詐欺をしているのでご注意ください。様々な欲求をあきらめない限り、性病を予防することはできません。
フェラの時にコンドームをすることほど、味気ないことはないと思う人もいるかもしれませんが、リスク管理は大事なのです。
性病を移されないために女の子の性器、または口に、自分の口を近づけないことが大事です。
デリヘルでキスは、かなり大きな比重を占めるのは事実ですが性病のリスクをなくすためには大切なことです。

デリヘルの中でも現在最も注目をされているのがイメクラ風であり、徐々に店舗型から派遣型へと営業形態を変えてきています。
店舗型にしろ派遣型にしろ、デリヘル営業許可を取得している業者を必ず選ぶようにしてください。



コンドームを着用して性病予防ブログ:2021年12月03日

コンニチワー

一週間位前、高齢のお母さんと買い物をすませ、
車を停めているショッピングセンターの駐車場に向かいました。
お母さんはいつも車の後部座席に座ります。

病気をして何ヶ月も外出していないので、
少しボーっとしています。

後ろでお母さんがドアを弱く閉めたので、
「ドア、ちゃんと閉めた?」
と運転席から聞くと、

お母さんは
「ちゃんと閉めたよ」と答えました。

駐車場は混んできて、
俺が車を出すのを
さっきから横で待っている車もいます。

急いで出なくては、
とあせって出ようとしたその時…

「半開きですよ!」と声がしました。

あわてて外に出て見ると、
後ろのドアは一見閉まっているのですが、
確かに半開きでした。

走り出してドアが開いたら、
事故にもつながりかねません。

「お母さん、ドアが半開きやで!」
とお母さんに言い、
外に出てバタンと閉め直しました。

声をかけてくれた若い男性は、
俺の車から1、2台隔てた車の人で、
わざわざ教えにきてくれたのでした。

「ありがとうございました」
とお礼を言って、駐車場を出ました。

それにしても、よく気がついて教えてくださったなぁ~と、
改めて感心しました。

俺など、隣の車のことでも気がつかないと思います。
ましてや隣の隣の車なんて…

どうして気がついたのか不思議でした。
たまたま目に入ったので、知らせてくれたのでしょうか。

もしかしたら俺達の声が聞こえたので、
さりげなく見てくれたのでしょうか?

偶然に見つけてもらえた不思議に心から感謝しながら、
「世の中には本当に親切な人がいるね」
とお母さんと話しました。


――――――以上を持ちまして今日の報告は終了です。
コンドームを着用して性病予防

コンドームを着用して性病予防

★メニュー

デリヘルの女の子のプロフィールの見方について
様々なデリヘルの歴史とプレイ内容
多くのデリヘルは素人っぽい子が多い
もしデリヘルを利用する時にはホテルがベスト
コンドームを着用して性病予防
ブログやSNSを参考にして女の子を選ぶ
時には贈り物で女の子を喜ばせる
顔出しがダメでも不細工とは限らない
ホテルによっては女の子を派遣出来ないことも
女の子と待ち合わせをしてラブホテルへチェックイン


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)デリヘル情報がいっぱい